N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

道交法改正 自転車の片耳イヤホンは違反になる?

2015年6月1日から道路交通法が改正されました。

このことにより、3年以内に2回以上違反をした自転車運転者は講習の受講が必要に。

その講習を受けないと5万円以下の罰金が科せられるというもの。

ぼくも休日などは自転車を利用することが多いです。 長距離を移動するときなどは、音楽を片耳のイヤホンで聴きながら。

そこで気になったのが、この片耳イヤホン。 これは違反になるの?ということ。

どうやら自治体の条例によって違うらしい

このことについて調べてみると、ネットでは「違反」とか「違反ではない」などと情報が錯綜している様子。

Infoseek NEWSによると、神奈川県では「違反ではなくて」東京都だと「注意を受ける可能性がある」ということ。

東京都の場合ですが、結論から言うと、イヤホンが両耳か片耳かは関係ありません。片耳でも注意を受ける可能性は十分にあります」(警視庁 交通相談コーナー 担当者) (中略) 実は自転車でのイヤホン使用は、6月1日から急にダメになったわけではなく、以前から道路交通法第70条が定める「安全運転の義務」の中で「安全運転に必要な音や声が聞こえない状態での運転」として禁止されていました。 (中略) 神奈川県警察のサイトにある「神奈川県道路交通法施行細則の一部改正について」というページを見ると、ここにははっきりと「片耳でのイヤホンの使用は、 『安全な運転に必要な音又は声が聞こえない状態』とはならないため、違反となりません」という記述があります。それどころか両耳で着用していても、小さい 音量で使用していれば違反とはならないそう。 要は、安全運転に必要な音が聞こえているかいないかという非常に微妙な問題ということ。 参照元 「自転車走行中でも片耳イヤホンならセーフ」は本当? 警視庁に聞いてみた

 

どうやら自治体によって、この片耳イヤホンの解釈は違うようです。

ぼくの住んでいる茨城県は?

自治体の条例によってということは分かった訳ですが、ぼくの知りたいのは自分が片耳イヤホンで自転車に乗っても問題がないかということ。 つまり、茨城県の条例はどうなっているのか?

結論からいうと、茨城県では片耳での使用なら問題ないということ。

以下は茨城県警の発表内容。

市販されているイヤホンは、使用方法(片耳又は両耳に装着)・機能・構造等多種・多様であり、製品毎の判断は困難です。 片耳使用の場合(片耳使用のハンズフリーイヤホンを含む)は、イヤホンを装着していない方の耳で周囲の音を聞くことが容易で有り、取締りの対象とは考えておりません。 茨城県道路交通法施行細則の一部改正(案)に寄せられた意見の要旨と警察の考え方

 

ということで、ぼくのいつもの自転車スタイルである「片耳イヤホン」。 茨城県内での使用は問題ないということが明らかになりひと安心。

 

とはいえ今回の道交法改正、正直アナウンスが不十分な感は否めない。 今までは知らなくても支障がなかったような事でも、地域によっては違反になる事もでてきたりなど、自転車を利用する人は今一度自分の自治体の条例を確認する必要はありそうです。

 

本来ならもっと分かりやすくするべきでしょう! 自治体によって違うとか分かりにくいことこの上ない。 まあ、車を運転しているときには危ない自転車運転者によってヒヤリとさせられたこともあるのは事実。 車もそうですけれど、自転車を運転する人も歩行者もみんなが相手の行動や気持ちを汲み取り、思いやれる気持ちがあればここまで必要ないことなのかもしれないなんて考えもよぎります。

 

※2016年4月10日追記 ロードバイクを乗るようになってからというもの、イヤホンを使用しながらという行為は全くやらなくなりました。 というよりも、恐ろしくてやろうとも思わなくなったという方が正しいです。今までは、ママチャリレベルのゆっくりとのんびりペースでしたが、ロードバイクになると相当のスピードが出るので、片耳であろうとイヤホンをつけていると周囲の状況を察知することが困難になります。それが命取りになって事故発生なんてことは、考えただけでも恐ろしいですからね。

条例により規制されていないとしても、たとえ片耳だけでもイヤホンをつけながらの走行は、今のぼくはオススメしません。