N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

朝活を試して思った3つのこと

最近になって、朝活始めました。

といっても、やっているのは毎朝の30分の散歩。

でも、以外とこれがいい効果をもたらしているみたいです。

朝活で感じた3つのこと

1.睡眠の質が上がったような気がする

2.精神的に安定してきた

3.今まで気づかなかったものが見えてきたような気がする

この3番目の感覚がぼくにとっては、大きかったです。

新しいものが見える→視野が広がり、別の視点で物事を考える→今までではできなかったことが思いつく

その結果、精神的に安定し、ゆっくり眠れる。

本当に朝起きるのが苦手

ぼくは学生の頃から朝が苦手。就職してからもいつもギリギリまで寝て、急いで支度をして仕事へ向かう生活がすっかり身についてしまっている。朝食もほとんど食べず、頭もぼーっとしたまま会社へ向かい仕事を始める。

当然のことながら、午前中の仕事は捗らない。午前中は適当に流す。いわばエンジンの試運転状態。

午後になってやっと仕事モードに。

今思えば最悪だ。そんな生活を変えようと最近になってやっと早起きを意識するようになりました。

きっかけはお腹

そんな生活を続けていたぼくも35歳。

若い頃は何もしなくても太らなかったぼくですが、ここ最近少しお腹が肥満気味。

鏡で自分の姿を改めて見ると、なんとみっともない体型。

このままではいけない。と直感がいっていたので、少し運動をする事に。

かといって、大学時代の部活を引退してから運動という運動は皆無の日々。

まずは、ウォーキングというか外に出て自分の足で歩くことから始めることに。

散歩なんて、なんだかおじいちゃんみたいで抵抗があったけれど、今のぼくが走ったところですぐに息が切れ、筋力も衰えているので(学生時代に比べると)ケガするのが関の山。

目的は健康的な体を取り戻すこと。と自分に言い聞かせ、まずは歩くことに。

さて、いったい何時歩こうか?

ぼくの仕事は時間が不規則。早いときは朝7時には家を出て、遅いときは夜11時くらいの帰宅。

さて、歩こうと決めたものの一体何時やろう?

そうなったときに出てきた答えが朝の30分の時間。

夜帰ってきたときは、いつも仕事でクタクタ。夕食を食べるとすぐ寝る時間ということも多々。そんな時間からウォーキングなんて始めても、3日もすると面倒くさくなってしまうということは、自分の性格とつきあい始めて今年で35年目の僕が誰よりも理解していること。

すると、時間を定期的に作れるのは。。。そう、「朝」だ。

朝は苦手だけれども、仕方ない。

自分の為。ということでまずは始めることに。

早起きを始めてまだ日は浅いけれども

朝活というと少し大袈裟かもしれない。

だって、ぼくのやっていることは毎朝の30分間の散歩。

でも、これが結構イイ。色々な人が本やブログで紹介はしていたけれど、実際に自分がやるまでこれほど気持ちのいいものだとは思っていなかった。

それが、冒頭に挙げた3つ。

正直、お腹を気にするだけでこれだけの新しいことを手に入れられるなんて思っていなかった。

ただ、散歩をするだけだとすぐに飽きてしまう飽き性の性格のぼく。

なので、チョイチョイ写真を撮ることに。

すると、冒頭の写真とかちょっと今まででは撮らなかった写真を撮るようになり、少し自分自身の視野も広くなった気がします。

子供の頃に毎日行っていた公園も、今ではまったくの別物に見えるし。

ただの散歩だけれども、仕事→家のサイクルでずっと動いていて、目の前しか見えてなかった僕からすると、新しい刺激を与えてくれるステキな散歩。

結構、脳も刺激されているのでは?なんて思ってます。