N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

「Your Apple ID has Suspended」というAppleをかたるフィッシングメールが届いたので公表しておこうと

あぁ、なんだか最近パッとしない・・・。これが五月病というものかんだろか・・・。なんてウツラウツラとしていた休日の昼下がり、そのメールは届きました。皆さんもお気をつけを。

f:id:qtarrow:20160708142213j:plain

 

タイトル:Your Apple ID has been Suspended

差出人:Support Apple

f:id:qtarrow:20160708142212j:plain

本文にマークされているAppleのリンゴマーク。そして不気味なタイトル・・・。そう、これフィッシングメールです。

 

Googleで検索してみるとゴロゴロと・・・

全文英語で表記されているというこのメール。とりあえずどんな内容なのかと、Google先生に聞いてみようとタイトルを検索してみると、出るわ出るわ。

 

フィッシングメールという類いの検索結果がわんさかと出てきました。

f:id:qtarrow:20160708142211j:plain

 

どうやらこのメールはフィッシングメールだったようです。

 

 

2015年10月頃から発生している模様

検索結果の中にあった、フィッシング対策協議会のHPを見てみると、このAppleをかたるフィッシングメールは昨年10月頃から出回っているようです。

 

リンク先のサイトで、Apple IDとパスワードの入力を求める画面が表示され、そこに情報を入力すると個人情報を提供してしまう。というものらしいです。

f:id:qtarrow:20160708142210j:plain

 

フィッシング対策協議会は、絶対に個人情報(IDやパスワード)を入力しないようにと呼びかけています

 

昨年の10月に出回ったような種類のメールが今頃届くというのも驚きですが、「Apple IDが停止されています」なんてメールが届いたら、一瞬ドキッとしちゃいます。でもそこは一旦落ち着いて、それから行動を起こすように気をつけましょう。

 

くれぐれもこのような怪しいメールやサイトに引っかからないよう、気をつけたいと思いますね。

 

Source:フィッシング対策協議会