N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

乗り方を変えたらハンドル近すぎ!!なので20mm長いステムを購入!

ロードバイクに乗り始めて1ヶ月くらい経った頃から、ちょっとハンドルが遠いな・・・って思って。

f:id:qtarrow:20160708142143j:plain

 

でも、先日今よりも長いステムを購入することに。今回はテスト用ということで、4000円くらいで買えるお手頃価格のこのステムを購入。

今、ぼくのロードバイクについているステムは100mm。新しく買ったのは120mm。なんでハンドルが遠いと思っていたのに、ステムを長くしたの?って感じですが、それは乗り方を変えたから。

 

 

座骨を立てて背中を丸めると疲れるんです

よくのフォームを検索すると、よく「座骨を立てて、背中を丸めて」って書いてあります。なので、ぼくもそうしてました。最初の頃は、疲れるけれどこれを続ければ慣れてきて、速く走れるようになるんだって思ってました。

 

けれど、それから半年くらい経っても全然慣れない。少しは速く走れるようになったけれど、体のあちこちが悲鳴をあげていてなんとか走りきれるような感じ。

実際、なんでこんなフォームで乗るのがいいのか?という部分もまったく理解できていなかったですし。なにより、このフォームだと、足をスゴく前に蹴り出すような感覚でこれが慣れなかった。

 

最初は、こんなもんなのかな?って思っていたぼくも、さすがに半年過ぎてもこんなに体がキツいのはどうなの?って思い始めました。そして、ハンドルを少し近い位置にすれば・・・って思ってGoogle先生に聞いてみると、こんな乗り方もあるよって。

 

その乗り方については、以前エントリーしたとおり。こっちの理論の方が、なんだかぼくの過去のスポーツ体験とかに照らし合わせたときにスッと頭に入ってきたんですよね。

 

座骨を倒して、骨盤から前傾を作ると走りやすい!

実際にこの乗り方を始めてから、まだ半月くらい。

 

なので、今後この感想がどう変化していくか分からないですけれど、現段階ではすこぶる快調。何がイイって、ムリに背中を丸めなくて済むので、体の芯ができて全体的に力が伝わりやすい感覚、そして引き足とか色々難しいことを考えなくてもスムーズにペダルが回るようになったこと。

 

そして、この乗り方だと座骨を前傾させるので、体が今までよりもグッと前傾します。そうすると今まで遠いと思っていたハンドルが、今度は逆に近すぎるということに。なので、長いステムが必要になったんですよね。

 

もしステムを短くしていたら、もう近すぎて完全に乗りにくくなっていたことは確実。あの時に、短いステムを購入しなくてよかったってホントに思います。

 

100mmから120mmへと、一気に20mmも長くなったステム。このたった20mmがどう乗り心地に影響を与えてくれるのか楽しみです。

 

 

実験用のお手頃価格

 

次はカーボン製が欲しいですね・・・高いけど