N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

iPhoneを長く使おう!って思うならAppleCareは必要なんだよね、きっと

できることならそうしたいです。

f:id:qtarrow:20160708142123j:plain

iPhone Maniaさんの記事でAppleがiPhoneの買い替えサイクルを3年と想定しているということが判明したという記事がありました。

 

iPhoneは3年使用することを想定している

自慢じゃないけれど、ぼくはiPhoneを1年以上使用したことがないです。というよりも、バッテリーが消耗してしまい使用開始から1年経つ頃には何もしなくても夕方くらいには充電が必要になってしまってます。

 

記事の中には、こう書いてあります。

記述によると、最初のオーナーからiPhoneやiPadのiOSデバイスやApple Watchは3年、MacやApple TVは4年の期間、使用されることが想定されている、とあります。

 

ということは、3年は使えるように設計されているということ。

にもかかわらず、ぼくのiPhoneは2年間でバッテリーはボロボロに。

 

これは、きっとiPhoneを充電しながら起動しっぱなしというぼくの使用スタイルに問題があるのだと思う。

 

充電しながらの使用はバッテリーの寿命を短縮させる

ぼくは毎日の移動中に、iPhoneで音楽を聴いたりラジオを再生させたりしながら、そして時にはナビとして。という使い方をしている。

 

当然バッテリーがグングン減るので、かなりの時間充電をしながらの使用になる。寒い冬場ならまだしも、夏の暑い車内で充電をしながら使用していると、端末が結構な熱を持ってしまうことも。

 

こういう使い方が、iPhoneのバッテリーをヘタらせている主な原因なんだろう。薄々というか、そうなんだろうなとは思っていたけれど、今回のこのAppleの声明によって改めてそう思わせられた。

じゃあ、今の使い方でどうやったらiPhoneを3年間使うことができるのか?そう考えたときに頭をよぎったのは、AppleCareの存在。

 

たしかAppleCareには、1年以上使用したiPhoneのバッテリーを交換してくれるサービスが付帯していたはず。これを利用すれば、1年使用後にバッテリーを新しいものにすることが可能。そうすれば、3年間使用することも難しくないのかも。

 

ということは、やっぱりiPhoneはAppleCareの加入ありきで考えられているのか?それか、ぼくのように異常な使い方をする人はその分お金を払って下さいってことなのか・・・。

 

以前よりバッテリー持ちが良くなったとはいえ、まだまだiPhoneのバッテリーの持ちに不満を持っている人は少なくないはず。当然、モバイルバッテリーで充電しながらでないと1日の使用に耐えられないという人も多いはず。

 

いずれにせよ、iPhoneを長く使いたいと考えた場合、AppleCareに加入しているっていうことが必要最低限の条件になるのかもしれない。落下などさせてしまった場合でも、これに加入してないとかなり高額の修理費用が必要になるし。

 

幸い今使っているiPhone6sは、AppleCareに加入しておいたのでこれを最大限有効に活用して、今回こそは長く使用したいと思います。

 

Source:iPhone Mania

 

携帯に便利なモバイルバッテリー

オススメiPhoneケース