N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

SONYアクションカム用にモバイルバッテリーをロードバイクへ装着!500円のホルダーが大活躍です!

SONYアクションカムでもっと長時間撮影を可能にしたい!ということから注文したモバイルバッテリーとホルダー。

 

Amazonはやっぱり速し。昨夜注文して、今日到着しました。

 

ということで、早速取付け。

 

500円くらいのライトホルダーが想像以上

今回購入したのは、Ankerのスティックタイプのモバイルバッテリー。

f:id:qtarrow:20160708142029j:plain

 

そして、自転車のハンドルにライトなどを取り付けられるというホルダー。

f:id:qtarrow:20160708142028j:plain

 

この2つで、ロードバイクのハンドルに給電装置を取り付けちゃおう!というのが今回の目的。

 

ホルダーは、ゴム製の部品とマジックテープ式のバンド2本という構造。これをハンドルに取付けて、そこにモバイルバッテリーを装着してみました。

f:id:qtarrow:20160708142027j:plain

 

ホルダー部分がゴム製のため、バンドをキツく締めれば滑ることもなさそう。これだけしっかりととまっていれば、走行中に落下することもないでしょう。モバイルバッテリーに滑り止めを付けないとダメかと思っていたんですが、これは嬉しい誤算。

 

前から見たらこんな感じです。

f:id:qtarrow:20160708142026j:plain

 

ロードバイク自体が黒のため、全体的に目立たないというのもプラスポイント。白とかだと結構目立っちゃうかもしれません。

 

今回はとりあえずハンドル下に取り付けましたが、アクションカムの取付位置によっては、上に付けてもいいかもしれませんね。この辺は、今後様子を見ながら臨機応変にやりたいと思います。

 

忘れちゃいけないレンズカバー

今回のモバイルバッテリー装着に伴い、アクションカム用のレンズカバーも購入しました。

f:id:qtarrow:20160708142025j:plain

 

SONYアクションカムAS100Vには、防水ケースが付属しているんですが、そのケースを装着した状態だと、給電するときに必要なマイクロUSBを挿すことができないんです。

 

かといって、完全にハダカの状態でロードバイクに装着していたら、万が一飛び石があったときとかレンズ破損ってことになりかねないですからね。

 

そして、これはSONY純正品。だからなのかどうかは不明ですが、これが意外と高い。このハードプロテクターだけで、3000円くらいしました。こればかりは仕方ないですけれどね。

 

ちなみに他の方のブログを見ていると、全体が透明だったと思うんですが、今はシリーズが変わったのかレンズ部分以外は黒でした。

 

装着するとこんな感じです。白い本体に黒いカバーって、結構目立ちますよね。まあ、仕方ない・・・。

f:id:qtarrow:20160708142024j:plain

 

これで、長時間の撮影も可能になりました!モバイルバッテリーの装着に掛かった費用は約2500円程度。これくらいの出費で抑えられたならOKじゃないでしょうか?

 

もう少しすると桜の季節になるので、その時は各所の桜映像をなんてのもイイですよね。

 

 

スティック型モバイルバッテリー

 

ライトホルダーはこちら

 

純正アクションカムレンズプロテクターはこれ