N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

クッション性はありません!OGK KABUTO超薄手バーテープ購入1ヶ月後レビュー

もう少しクッション性があった方が良かったかも。って思うときもあります。

f:id:qtarrow:20160708141949j:plain

先月購入したロードバイク用のバーテープ。

OGK KABUTO(オージーケーカブト) プロフィットバーテープ [超薄手タイプ] BT-06 ホワイト

超薄手という表示通りの超薄手。

 

その厚さ0.6mm

触れ込み通りのその薄さ。0.6mmというんだから、実際に握ってみるともう何も付いてないんじゃないか?ってくらい薄いです。

薄い皮が一枚付いているかなって位の感覚。

なので、これがメリットともデメリットにもなっちゃいます。

 

メリット

なにも付いてないかのような薄さなので、路面からの衝撃がそのまま手に伝わります。路面状況を敏感に感じ取れるという点は大きなメリット。

あとは、テープが程よくしっとりしているので程よく滑り止めになります。このしっとり感は結構好き。巻くときもたるみなく巻けたし、巻き直ししてもわりと平気でした。

 

デメリット

路面からの衝撃がそのまま伝わってくるので、舗装が荒れている道だとメチャクチャ手が痛くなります。クッション性なんてまったくありません。ハンドルバーをそのまま握っているのと同じような感覚です。

 

慣れてしまえばいい感じかも

購入当初は、かなり公開したこのバーテープ。

路面からの衝撃は、ガンガン手にというよりも骨に伝わってくるし、すぐに手が痛くなる。

でも、人間って不思議なものですね。1ヶ月も使っていると、これがそれほどでもないように思えてくる。というよりもむしろ、このダイレクト感がちょっと心地良くなってきたような気もします。きっとここは個人差が出るんじゃないかって思いますけど。

要は慣れてしまえば、何でもいいってことなのかもしれませんが・・・。

ひとつだけ言えるのは、このバーテープはクッション性を求める人には絶対に合わないということだけは確実ってことですね。

 

超薄手0.6mmバーテープ