N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

フルクラムRacing3インプレ-実走編-このホイールにして良かったぁ〜!

ホイールをやっと装着したので、実走してきました。

 

今回走ってきたのは、自宅~牛久大仏~霞ヶ浦総合公園~つくばりんりんロード~自宅の約80Km。

f:id:qtarrow:20160708141931j:plain

 

ひとことで言うと、やっぱり完成車についているホイールとは違う!軽いし、よく回るし気分がいいです。

 

 

平地巡航はかなりラクに、そして坂も

今まではいていたホイールは、TCR0にデフォルトでついていたPR-2。重量はネットで見るかぎり1950g前後。

f:id:qtarrow:20160708141930j:plain

 

今回購入したフルクラム レーシング3は、公表値で1595g。

 

約350gの軽量化です。

 

実際に乗ってみると走り出しとか、坂とかかなりラクです。軽いです。緩い坂ならシフトチェンジなしでそのまま上れちゃいます。

 

平地でもその性能をしっかりと感じることができます。

 

30Km/hまでの走行が今までよりも遙かにラクになりました。ギア1枚分とまではいきませんが、ペダリングは結構ラクに。

 

 

Zondaと比べて固いっていわれてるけど・・・

そして、よく比較対象になるカンパのZonda。

 

Hondaと比べると、レー3のほうが固いということをよく聞きますよね。実際ぼくも、この部分だけはちょっと心配でした。

 

だって、せっかく購入したホイールがガッチガチに固くてもうムリ!ってなったら悲しいじゃないですか。

 

ですが、そんな心配は無用だったみたいです。

 

これについては、正直全然気になりませんでした。むしろ今までよりもソフトで優しい乗り心地になった気がします。路面からの突き上げを吸収してくれてる感じすらします。

 

きっと、今まで履いていたPR-2がよっぽど固かったんでしょう。少し荒い舗装の道だと、手がメチャクチャ痛くなりましたから。誤解を恐れずいえば、骨まで振動が響いてくる感じ。

 

おそらく固さでいうと、

 

Zonda<レーシング3<Giant PR-2

 

という構図なんでしょう、きっと。

 

 

気になる、ラチェット音は・・・

つづいてラチェット音。

 

最初は、「チィーーーーー」という控えめな音。

 

これが、走行距離50Kmを超えた辺りで少し大きく。

 

そして、70Kmを過ぎた辺りでは「ジィーーーーー」という結構な音に。もう存在感アリアリです。というか存在感バリバリです。

 

最近のカンパとかフルクラムのホイールは、音が小さくなったなんて情報をネットで見かけますが、じゃあ昔はどんだけ爆音だったの!?って思っちゃいました。

 

でも、サイクリングロードを走っているときとか、『ここにいますよ』という存在感はあるので、この音嫌いじゃないですが。

 

5万円かからないでこの性能。最初に換えたホイールとしては、十分過ぎるほど、合格点だと思います。

 

実は、この後すぐにチューブもラテックスチューブに交換しました。その様子はまた別エントリーで。

 

 

この価格でこの性能、初心者のぼくは大満足です

 

スプロケ外しに

 

ラテックスチューブはスゴイです!