N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

1月19日宅配便が変わる!?LINEから再配達や集荷が依頼できちゃう!ヤマト運輸が公式LINEアカウント開設!

いつもAmazonで通販した商品を届けてくれているヤマトさん。

 

今度はLINEからもサービスを利用できるようになるみたいです。

f:id:qtarrow:20160708141836j:plain

 

急用が入ってしまったときなど、荷物を受け取れず再配達を頼むこともあるんですが、それもLINEから利用できるようになるのは、嬉しいですね。

 

今まではID・パスワードの入力が面倒

今までもネットで、再配達の依頼はできたんですけれど、会員ページのID/パスワードの入力が面倒だったんですよね。

 

今回のLINEサービスの登場で、今までのクロネコIDとLINE IDが連携できるようになるみたいなんですよね。だから、LINEで友だち登録してIDの連携作業を一回すれば、次からはLINEからカンタンにサービスがうけれちゃう。

f:id:qtarrow:20160708141835j:plain

 

LINEで受けられるサービスは次の5つ。

 

  1. 「お届け予定メッセージ」と「不在連絡メッセージ」
  2. 荷物問合せ
  3. 集荷依頼
  4. 再配達依頼
  5. 料金・お届け日検索

 

やっとネット活用がされる時代に

今の時代は、ネットの普及によって本当に色んな便利なサービスがあると思う。

 

けれど、その利用方法が大抵面倒くさい。

 

ほとんどのサービスが、IDとパスワードの作成が必要なんですもん。これって、ネットに慣れていない人からすれば、かなりのストレスなんですよね。

 

 

ユーザー目線ってよく言うけれど、本当にそう思ってる?

そう思っちゃうようなサービスばかりですよね。

 

企業:「こんな便利なサービスがあります!」

ユーザー:「ん?そうなの!?使おうかな!?」

企業:「まずはこちらから登録を」

ユーザー:「あぁ、なんだか面倒だからいいや・・・」

 

こんな感じになっちゃいますもん。ぼくは仕事柄ネット利用には抵抗がない方だと思うけれど、そんなぼくですら、本当に興味のないことじゃないと、上のやりとりのようになっちゃいますからね。

 

本当はとっても魅力的なサービスなのに、その使い方がユーザーにとって親切じゃないから、それだけでかなりの数の見込み客を逃してますよね。残念ながら、たくさんの企業がそうしていますからね。

 

だから、今回のヤマト運輸のLINEからサービス利用ができるっていうのは、多くのユーザーにとって、やっとネットを活用するためのインフラが整ってきたのかなって思うんですよね。

 

やっぱり使いやすくないと、すぐに使わなくなっちゃいますからね。結局は、たくさんのビジネス本で提唱されている「ユーザー目線」をできているサービスって、ホントごくわずかってことですよね。

 

ちなみにサービス開始は、2016年1月19日から。

 

どんなUIになっているのか、楽しみです!

 

Source:ヤマト運輸

僕は明日もお客さまに会いに行く。
川田 修 ダイヤモンド社 2013-04-19 売り上げランキング : 29573
by ヨメレバ