N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

2015年を振り返ってみたら・・・やっぱりSSDでiMacが生まれ変わったことが一番ありがたかったという事を再認識

今年も残すところあと2日。

 

このブログをWordpressで書き始めたり、iPhoneのディスプレイを割ってみたり、引越があったり、ロードバイクを始めたりと色々ありました。我ながら、色んな経験ができた1年だったなぁって思います。

 

そんな中で、今年一番の「コレはやって良かった!」というのは、やはりiMacを外付けSSDから起動できるようにした事。このことによって、今年後半のぼくの作業効率を飛躍的に向上させてくれましたからね。この方法は今でも、かなりおすすめ度高いです。

 

この記事は結構人気で、たくさんの人が読んでくれています。

www.ns-life.net

 

本当は新しいiMac購入を検討していた

じつは、最初から外付けSSDを起動ディスクにしようって思ったいたわけじゃなくて、本当は、新しいiMacの購入を考えていたんです。

 

今年に入ったくらいから、iMacやアプリケーションの起動の遅いということが気になっていたんですよね。出先でMacBookProを使用していると、格段にアプリケーションの起動が速い。サクサクなんです。SSDなんで当然なんですけれどね。

 

それに対して、自宅のiMacはHDD。もうね、メチャクチャ遅かったんです。で、思ったのが、「こりゃ、買い換えちゃいたいな」って。

 

でも、希望のスペックで試算したら、結構なお値段になるという事が判明。たしか、40万円くらいだったような気が・・・。

 

でも、よくよく考えてみたら今使っているiMacもまだ2年くらいしか使ってない。ということで、このスパンでこの出費はちょっと考えた方がいいかなって。ということで、新マシン購入は断念。

 

メモリ増設もNG

次に考えたのがメモリの増設。メモリに余裕が出れば、速くなるかも!ってことでメモリの増設を考えたのですが、ぼくのマシンはメモリ増設ができないモデル。

 

ディスプレイ背面にメモリを取り出し可能な蓋が付いていないモデルだったんです。

 

そんなことが重なった上で、なにかないかって事で該当したのが外付けSSDを起動ディスクにして、そこにOSとアプリケーションを保存して起動する方法。

 

これが、今となっては今年一番のイイ決断だったって思います。

 

ストレスフリーな作業環境の構築に成功

SSDの起動の速さは、MacBookProで体験済。それにiMacの大きなディスプレイ。もう最高のマシンのできあがりです。

 

やっぱり作業するには、大きいディスプレイの方がいくつものウィンドウを開いたり、SplitViewを使うときにはとっても便利。

 

MBPはSSDで動きは速いけれど、ラップトップなのでディスプレイの大きさからくる作業の快適さという部分では、iMacに遠く及ばないんです。

 

そう考えると、15000円かからないくらいのコストと、わずかな作業時間だけでiMacの大きな画面にサクサク動くSSDディスクという環境。これは、本当に作業をかなり効率化させてくれています。

 

今年の8月から使っているこの環境ですが、そこから4ヶ月の累計で計算したらきっとかなりの時間を短縮化させる事ができるようになっているはず。

 

まさに今年一番の出来事です。

 

iMacの動きが遅い!っていう人は、絶対にやった方がいいですよ! かなりおすすめです。

 

512MBモデルでも2万円ちょいで変えちゃう時代

Transcend SSD 256GB 2.5インチ SATA3 6Gb/s MLC採用 3年保証 TS256GSSD370S
by カエレバ

 

HDDケースの購入もお忘れなく

玄人志向 STANDARDシリーズ 2.5インチHDDケース SATA接続 USB3.0/2.0対応 GW2.5CR-U3
by カエレバ