N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

AMラジオがFMでも聴ける!ワイドFMが便利!

ワイドFMが開局されて、今まで聞きづらかった場所でもAM放送が聴けるようになりましたね。

 

今までアナログTVで使用していた周波数帯を利用して、FMでもニッポン放送やTBSラジオ、文化放送が聴けるというもの。

 

AMラジオは結構、重宝しているので今まで電波の入りが悪かった家でもスマホを使わずに聴けるっていうのは、結構嬉しいです。

 

情報量も耳障りもFMよりすぐれて「ながら作業」がはかどる

ぼくは移動中の車のなかで、AMラジオを聞くことが多いんです。そう、移動中の車のなかで。自宅では、FMラジオ。本当は家でもAMラジオを聞きながら作業したいんですけれどね。でも、ぼくの家の中はAM放送の電波状況が悪いのでほとんど聴けない状態。

 

FMも悪くはないんですけれど、AMのほうが色んな情報が入ってくる。そして、耳障りが邪魔にならない。FMだと番組やパーソナリティによっては、ちょっと苦手なものもあるんですよね。

 

だから、ブログを書いたり何かをしているときに聴くにはAMラジオがいいんですよね。

 

どうしてもAMってときには、スマホでRadikoを使ってます。でも、そうするとスマホの利用に制限がかかるので、少し不便。

 

まずは手持ちの端末がワイドFM対応かチェックを

そんなワイドFMを聴くには、対応端末が必要。

 

ワイドFMは今までTVのアナログ放送で使用していた周波数帯を、AM放送でというもの。なので、FMの周波数帯で90.0MHz以上が受信できる端末が必要なんです。ザックリいうと、次のようなもの。

 

  • ラジオのチャンネルにテレビの1~3がある
  • FM周波数が90.0MHz以上に合わせることができる

 

この条件を満たした端末を持っていない人は、新しくラジオを購入する必要があります。

 

ということで、調べてみました。すると意外?にも安いんですよね、ワイドFM対応のラジオ。さすがに録音機能ついていたりとか、Bluetooth対応とかだと少し値段が上がりますが、ラジオ機能だけに絞れば2000~3000円くらいで購入できるものが結構あります。

 

さきにも書きましたが、ラジオはなにか作業をしながらでも邪魔にならないし、情報も心地良く入ってくる。そして、災害時などにも情報が入ってくるという貴重なツールなのでこれくらいの価格であれば、一家に一台置いておいた方がいいですよ。

 

ワイドFM対応ラジオ

SONY FM/AMハンディーポータブルラジオ ICF-P36
by カエレバ

 

充電式多機能AM/FMポケットラジオーアメイズ- USB・microSD対応 ホワイト
by カエレバ

 

手回し充電対応モデル

SONY FM/AMポータブルラジオ 手回し充電対応 LEDライト内蔵 スマホ充電可能 ホワイト ICF-B09/W
by カエレバ