N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

「iOSの安心伝説が終焉」個人情報を収集していたアプリ256個がApp Storeから削除

iPhoneの安全神話は完全に伝説となりましたね。


Androidアプリにと違いiPhoneアプリはAppleの厳しい審査を通らないとApp Storeに登録されないということから、iOSアプリは無条件で安心。そんな風潮が今までありましたけれど、これももう終わりですね。


利用者はPCでもそうだけれど、一定のリテラシーを持って接していかないとドンドン個人情報搾取されますよ。


Appleの審査をすり抜けた怪しいアプリが多数

App Storeから個人情報を収集しているアプリ256個を削除というニュースが出ていましたけれど、そういうことらしいです。


これらのアプリはすべて中国の広告会社「Youmi」が作成したソフトウェア開発キットを利用して作成されたアプリだったみたいです。これで作られたアプリをダウンロードするとどんなことが起きるのか?というのがGIZMODEで説明されていました。


このSDKで作成されたアプリはユーザーのアプリ情報やメールアドレス、スマートフォンのシリアルナンバーなどに密かにアクセスし、収集してYoumiのサーバーに送信していたそうです。




こんなアプリが256個もApp Store上にあったというから、ホント驚きと共にもう恐怖ですよね。


危険はPCでもスマホでも一緒

ぼくの周囲の人間に聞くと、PCでウェブを閲覧しているときのセキュリティ意識って最低限あるんですよね。怪しいソフトウェアをダウンロードしないとか、変なサイトに行かないようにするとか。


まあ、そうじゃない人も一定数いましたけど。


でも、これがスマホ。ことiPhoneのアプリになると不思議なことにそんな意識まったくなし。同じ通信端末なのに不思議です。


この要因のひとつとして、冒頭に上げた「審査があるから大丈夫」という意識。


でも、今回256個ものアプリが発見され削除されるという自体が発生したのも事実。もうApple安心説は神話でしかないんですよね。


だから「信頼できない発行元からのアプリはダウンロードしない」という基本的なことくらいは考えられないと、もうスマホを持たない方がいいと思うんですよね。


使えば便利なスマホだけれど、反面こういう危険も身近にあるということをちゃんと考えながら利用したいものです。


そろそろiPhoneケース買おうかな

【Spigen】 iPhone6s ケース / iPhone6 ケース, ネオ・ハイブリッド [ 二重構造 スリム フィット ] アイフォン6s / 6 用 カバー 米軍MIL規格取得 (サテン・シルバー SGP11620)
by カエレバ