N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

Apple WatchのOSアップデートは意外と分かりにくい!?watchOS2へのアップデート方法

f:id:qtarrow:20160708141403j:plain


先日のエントリーでApple WatchのOSをアップデートしたら、Apple Watchの表現力がグンと上がって楽しいことにという記事を書きました。

 

でも、Apple WatchのOSアップデートってiPhoneとかと違いApple Watch本体からできないので、どこからやるのか少し分かりにくいという声を頂きましたので紹介します。

 

watchOS2へのアップデートは約2時間必要

Apple WatchのアップデートはiPhone経由というだけあってとにかく時間がかかります。時間にかなり余裕のあるときにやることをオススメします。

 

アップデート時の注意点

  • Wi-Fiに接続されたiPhoneの通信圏内になる
  • 充電器に接続されている
  • 50%以上充電されている

 

 

watchOS2のアップデートはiPhone経由

そうなんですよ、Apple WatchのアップデートはペアリングしてあるiPhoneから行うんですよね。

 

iPhone内の『Watch』アプリを起動します。

f:id:qtarrow:20160708141402j:plain

 

 

マイウォッチの中の一般を選択します。

f:id:qtarrow:20160708141401j:plain

 

 

次にソフトウェア・アップデートを選択。

f:id:qtarrow:20160708141400j:plain

 

 

そうするとiPhoneのアップデートと同じような画面になるので、そこでダウンロードとインストールを選択。

f:id:qtarrow:20160708141359j:plain

 

 

あとは自動的にダウンロードが始まり、完了後にインストールが開始するのでひたすら待つだけ。ここがとにかく時間がかかるので、他の作業をしながら行うといいと思いますよ。

f:id:qtarrow:20160708141358j:plain

 

しばらく待つとApple Watchが自動的に再起動してアップデート終了です。

何度もいいますが、とにかく時間がかかるので本をゆっくり読む時間のあるくらい余裕のあるときに作業をした方がいいと思いますよ。