N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

iOS9の個人的に好感触な新機能まとめ12選【iPhone編】

昨日17日未明にiOS9リリースされましたね。

 

ぼくのiPhone5sを早速アップデートして、一日使ってみました。

 

新しくなって便利になった機能がほとんどですが、ぼくの使用環境だとアプリが落ちたちということもあったり。iPhone5sではスペックが少し厳しいのかな?

 

iOS9の新機能たち

1.『メモ』の進化

個人的にはこれが一番の目玉っていう感じです。今まではテキストエディタって感じだったメモに、動画とかチェックリストを作成したりとか、手書き入力ができるようになってます。

f:id:qtarrow:20160708141320j:plain

ただ残念なことに、手書きを起動すると高確率でアプリが落ちてしまう。これはスペックの問題なのか?

 

2.Siriがより賢くなった

Siriの言語理解能力が強化され、気になるスポーツの結果や天気予報、撮影場所や日時情報からの写真検索、リマインダーへの音声入力が可能になってます。ただ、スポーツ情報などは海外スポーツがメインの様子。日本プロ野球の結果は表示されませんでした。

f:id:qtarrow:20160708141319j:plain

実際に使用した感じでは、日本語の認識が賢くなった印象です。

 

3.UIを刷新され全体的に柔らかい印象に

今までの平面のものから、カードがくるくると回るような立体的なデザインになっています。あとは、メニューとかの表示も角が丸くなり、全体的に優しい感じに変わっています。個人的にはこっちの方が好きかも。

f:id:qtarrow:20160708141318j:plain

 

4.通知センターの通知が時系列に

個人的にはこれはかなりヒット。 これまでの通知センターはアプリごとだったので、非常にチェックがしづらく結果余り使っていませんでした。

f:id:qtarrow:20160708141317j:plain

それがiOS9では時系列順になったことによって、視認性が飛躍的にアップ。これだったら、本当の意味で通知のチェックをすることができそう。

 

5.キーボードのUIが刷新し使いやすく

英字キーボードをよく利用する人には嬉しいアップデートがこれ。Shiftキーを押しているかどうかが判別しやすくなった。

Shiftキーを押していると、アルファベットキーが大文字に。

f:id:qtarrow:20160708141316j:plain

Shiftキーを押していないと、アルファベットキーは小文字表示に。大文字、小文字の判別がすぐにできるので凄くわかりやすい。

f:id:qtarrow:20160708141315j:plain

 

6.Spotlightは検索以外も可能に

Spotlightといえば、iPhone内のデータやWebの検索という使い方以外にも「単位計算」や「通貨変換」が可能に。 通貨変換は意外と便利です。

f:id:qtarrow:20160708141314j:plain

 

7.動画撮影時の解像度や画質の設定が可能に

ビデオ撮影やスローモーション撮影時の画質とフレームレートが選択できるように。

f:id:qtarrow:20160708141313j:plain

ビデオ撮影 「720p HD/30 fps」「1080p HD/30 fps」「1080p HD/60fps」の3種類の中から。

スローモーション撮影 「720p HD/120fps」「720p HD/240 fps」の2種類から選択可能。

けれどiPhone5sではスローモーション撮影機能がないので、ビデオ撮影のフレームレートの選択のみ可能。しかも「1080p HD/60fps」は選択できません。

 

8.iPhoneとApple Watchのバッテリー状況がウィジェットで確認可能

iPhoneの通知センターでiPhoneとApple Watchのバッテリー状況が確認できるようになりました。

f:id:qtarrow:20160708141312j:plain

ぼくはちょくちょくApple Watchを見るので、そのバッテリーがiPhoneで確認できるのは意外と便利かも。

 

9.低電力モードが追加

PCやApple Watchではおなじみの機能だが、iPhoneには今までなかった機能。 バッテリーが少なくなったときに、iPhoneを低電力モードに切り替えることでメールの取得、アプリのバックグラウンド更新、自動ダウンロード、一部のビジュアルエフェクトを無効化しバッテリーの消費を抑えてくれる。

f:id:qtarrow:20160708141311j:plain

災害時などの充電が難しい環境時に非常に有効な機能。 バッテリーの消費が激しいiPhone5sには結構嬉しい機能。

 

10.設定アプリに検索バーを追加

あれ、あの設定項目ってどこにあるんだっけ?ということがこれからはなくなりそう。設定項目って意外と何層にもなっているので、たまにしか使用しないやつはこれで見つければ、サクサクっとできちゃいますよね。

f:id:qtarrow:20160708141310j:plain

設定アプリ内にも検索バーが追加され、探したい設定項目を検索バーに入力すると簡単に検索することができるようになっている。

 

11.写真をなぞるだけで複数選択が可能に

今まではひとつひとつタップが必要だった写真の複数選択が、写真をなぞるだけで選択可能に。まとめて写真を共有したいときや、一括削除したいときにとても便利な機能。

f:id:qtarrow:20160708141309j:plain

iPhone内での写真を整理するときにいちいちタップを繰り返すのは結構面倒なので、重宝しそうです。

 

12.システムフォントが「San Francisco」に変更

パッと見分からないが、フォントが今までの「Helvetica Neue」から「San Francisco」へと変更されている。これもiOS9が優しい印象を与えることにひと役買っている。

今回のiOS9ではここで挙げた以外にもたくさんの新機能が盛り込まれている。けれど、iPhone5sでは残念ながらいくつかは適用対象外。

それでも、今までよりは使いやすくなっている印象なのでアップデートしても損はしないと思う。あとは、一刻も早くメモアプリが落ちなくなることを願うのみというところですね。