N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

『後回しの人生はもうやめよう』-茨城県常総市 鬼怒川の堤防決壊ニュースを受けて改めて思うこと-

9月10日午前6時すぎに常総市を流れる鬼怒川の堤防から水があふれ、昼過ぎには同じ常総市の別の場所で堤防が決壊し氾濫。

f:id:qtarrow:20160708141256j:plain

常総市は親戚が住んでいる。 子供の頃はよく遊びに行っていた場所。 親戚たちは早めに避難して無事だったが、ニュースの映像を見るかぎり家は浸水してしまっている地域にある。

 

そんな身近なところで起こった自然災害。 見覚えのある場所で、今まで見たこともないような光景がテレビで映し出されている。そこはぼくが知っている場所とは全く違う場所のようになっている。 そして救助活動は今も続いている。

 

ぼくの記憶ではこの川が氾濫したなんてことは勿論ない。 それでも、この災害は実際に起こった。 しかもとても身近なところで。

 

 

東日本大震災、大雪、記録的豪雨

東日本大震災以降、様々な自然災害が起こり始めている。

 

昨年の記録的大雪だったり、竜巻、そして今回の記録的豪雨による今まででは起こらないと思っていたような場所での堤防の決壊。

 

ここ数年気候の変化や地震の多発など、明らかに自然災害が増加しているように思う。そして、今までではそんな災害が起こるなんて考えられなかった場所でまで災害の被害が発生している。

 

明らかにここ数年、ぼくたちの知っている常識以外のものが発生している。

 

こうなってくると、もういつどこで何が起こってもおかしくない状況のように思える。今この瞬間安全な場所でも、次の瞬間にはどんな災害があってもおかしくない。

 

 

後回しの人生はもうやめよう

なにかやりたいことがあっても「まぁ、後でいいか」「今は忙しいから」なんて後回しにすることって結構あると思う。

 

けれど、こんなにも突然の災害が頻発する時代。 いつでもその「やりたいこと」ができるとは限らない、そんな時代。

 

だからこそ、もう後回しの人生はやめよう。 後回しにしたそのことはもうできる環境にならないかもしれない。

 

仕事があるから?家族がいるから?そんなのは言い訳をいっているだけ。 そんな言い訳をやめて、少しの時間でもやりたいことを今やるという人生にしていこうと思う。

 

 

日頃から生きる為の準備を

災害という話に戻すと、東日本大震災の頃にも思ったことだが、平和な時間が続くとそれを忘れてしまう。実際ぼくは、たまにスマホから鳴る緊急速報通知などもそこまで重大に受け止めていなかった。

 

けれど、そうなってしまうと突然の事態に対応ができず最悪の事態になってしまう。

 

いつなにが起きてもいいように、常に準備をしておきたい。 ありきたりだけれど、生きる為の努力をしておかないといけない。

 

身近に感じないと、後回しにしてしまう。人間の悪い癖です。

 

これも結局は後回しの人生を選択しているからなんだなって思いました。