N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

Netflixが開始されたので、動画を快適に見るために段ボールシアターを自作してみた

Netflixが日本でサービス開始され、日本でも動画サービスの選択肢が増えました。

 

この動画サービスをより楽しみたいということで、ちょっと前にTwitterで見かけた『段ボールシアター』を自作してみました。

f:id:qtarrow:20160708141234j:plain

 

 

必要な材料は段ボールと布テープのみ

使用した道具は次のもの。 基本的にどの家庭でもある普通のものたちです。

  • 段ボール
  • 布テープ
  • カッター
  • A4用紙(iPadのディスプレイサイズに切り取る時に使用)
f:id:qtarrow:20160708141233j:plain

段ボールは以前Amazonで何かを購入したときのものを使用しました。 Amazonの段ボールは高さが今回の段ボールシアターにちょうどいいサイズでした。

 

いざ作成!

まずは、iPadのディスプレイサイズの穴を段ボール底面にカッターで開けます。あらかじめA4用紙をiPadディスプレイサイズに切り取っておき、それを目安にカッターでザクザクと。

f:id:qtarrow:20160708141232j:plain

 

切り抜き完了! けれど、iPadを乗せるとなんとも弱々しい感じ。段ボールがiPadの重みに負けそうです。

f:id:qtarrow:20160708141231j:plain

 

ということで、急遽もう一枚底面に貼り付け増強することに。

 

これで、iPadを乗せてもしっかりと受け止めてくれるように。

f:id:qtarrow:20160708141230j:plain

 

次に、段ボールの角などの小さな隙間を布テープで埋めていきます。 これをしないと意外と中が明るいです。

f:id:qtarrow:20160708141229j:plain

 

最後に頭を入れたときの首部分の穴を開けます。

f:id:qtarrow:20160708141228j:plain

 

これで晴れて段ボールシアターでお一人様動画を楽しむことができるようになりました!想像以上に快適にシアター風で動画を楽しむことができます。

f:id:qtarrow:20160708141227j:plain

 

 

チェックポイント

細かい部分ですけれど、首の部分の穴を開けた後はテープで補強をオススメします。これをやらないと、首の部分が段ボールのカスでゴミだらけになっちゃいますから・・・。

f:id:qtarrow:20160708141226j:plain

 

意外と快適な動画鑑賞

所要時間約30分で作成した今回の『段ボールシアター』。 意外と快適に動画鑑賞を楽しめます。

f:id:qtarrow:20160708141225j:plain

 

けれど、電気がついた部屋だとちょっと明るい。 ということで、今度天気のいい日に中を黒く塗装をしてみようと思います。

あとは、顔を段ボールで覆うので中は暑いです。 汗だくになりたくないときは、使用を控えた方がいいかもですね。

 

 

ちょうどいい段ボールがないときは・・・買いましょう

ダンボール箱140サイズ(段ボール箱)(W 52.0×D 43.0×H 41.2cm)1枚 強度アップ材質(中芯160g)(K-30)引越し・保管・梱包用
by カエレバ

 

カッターは必須です

オルファ カッター ハイパーH型 オートロック 212B
by カエレバ

 

それとテープも

3M スコッチ 布梱包テープ 軽量用 50mm×25m 509BEN
by カエレバ