N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

KindlePaperWhiteのちょっと不便なところ

ぼくにとって毎日の読書に欠かせない存在となっているKindlePaperWhite。

f:id:qtarrow:20160708141153j:plain

 

たくさんの本を数千冊入れ込んで持ち歩くことができるこの端末は、その日の気分によって読む本を選べるし、暗くてもしっかり読めるしでいいことずくめ。

 

でもそんなKindleでも向いていない本があるんです。

 

Kindle不都合なところ

これは悪いところというか、Kindleで読むのに向いていない本。

 

それは参考書などのもの。 こればかりはKindleではちょっと使いづらいんです。

 

ただ読む分にはなんの問題もないんです。 けれど、参考書などはその性質上その都度該当の場所を確認しながら使用したい。そんなときに、パラパラとめくることができないのが非常に煩わしい。

 

これが紙の本だと、パラパラめくりながら「あっ、ここだな」って感じですぐに探せるんですけど、Kindleだとそれができない。

 

目次やページNo.で移動はできるけれど、これは紙の本の方が都合がいい。

 

そしてもう一点は、画面の大きさ。 これもやはり参考書などのものの時。 最低でもiPadくらいの大きさがないと、図解とかはかなり見づらくなる。

 

スマホやタブレットほど拡大とかスムーズにできるわけでもないですからね。

 

まとめ

今回はKindleの不便なところを紹介しました。 けれど、2つ挙げた不便なところはいずれも参考書などの解説書を使用するときに生じるもの。

 

つまりKindleは参考書用には作られていない。 というよりも、読み物を快適に読めるというこの1点にポイントを絞り、作られているという性質の製品。

 

そして読み物を快適にという点については、太陽の下でもクッキリ文字が表示されるし、文字サイズも好きな大きさに変更できるし。

なによりもたくさんの本を1つの端末に入れておけるので、ながら読みやその日の気分で好きな本をいつでも読める気軽さというのが最大の強み。

 

小説やビジネス本を読むにはこれ以上のものはないと思います。 読書はいろんなものを自分の中にもたらしてくれます。 そんな読書を快適にできるこの端末は、使わないともったいないですよ。

 

前モデルと最新モデルの違いはこちら

 

KindlePaperWhiteおすすめです