N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

万が一の時のために作っておこう!Mac OS X起動ディスクの作成方法

昨日自宅iMacを外付けSSD軌道にして爆速マシンに激変を遂げたという記事を書きました。

 

まじで購入当初よりも早くなってます。恐るべしSSD!

www.ns-life.net

 

今日はこの記事の中でサラッと流してしまった、起動ディスクの作成方法を紹介します。

 

これは外付けSSDを使うとかいう以前に、Macにトラブルがあったときなどの万が一の時のために誰しも作っておいた方がいいですよ。

 

Macの起動ディスクを作成する手順

まずはOSのダウンロード

今回はOS X Yosemite。 MacAppStoreからダウンロードします。 Yosemiteは容量が5.72GBあるのでそれ以上のUSBを用意してください。

f:id:qtarrow:20160708141147j:plain

 

既にYosemiteが入ってますよって警告が出ますけれど、無視して続けます。

f:id:qtarrow:20160708141146j:plain

 

ダウンロードが完了するとインストールウィンドウが表示されますが、ここではインストールせずに閉じましょう。「Ctrl+W」で閉じることができます。

f:id:qtarrow:20160708141145j:plain

 

 

USBメモリをフォーマット

ディスクユーティリティを開いて、USBメモリをフォーマットします。 1.USBディスクを選択。 2.「消去タブ」をクリック。 3.「消去」をクリック。 これでUSB内のデータがすべて消去されます。

f:id:qtarrow:20160708141144j:plain

 

次にフォーマット。 1.「パーティションタブ」をクリック。 2.「1パーティション」を選択。

f:id:qtarrow:20160708141143j:plain

 

次に名前を「Untitled」に変更。 ここを変更しないとコマンドでエラーがでます。

f:id:qtarrow:20160708141142j:plain

 

オプションを選択し、「GUIDパーティションテーブル」を選択します。

f:id:qtarrow:20160708141141j:plain

 

「適用」をクリックして、「パーティション」を選択します。

f:id:qtarrow:20160708141140j:plain

 

 

コマンドの実行&起動ディスク作成

まずはターミナルを起動します。 ターミナルで下記のコマンドを入力。

sudo /Applications/"Install OS X Yosemite.app"/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/Untitled --applicationpath /Applications/"Install OS X Yosemite.app" --nointeraction
f:id:qtarrow:20160708141139j:plain

 

入力が完了したら、return。 returnを押すと、パスワード入力になるのでパスワードを入力。 カーソルは動きませんが、そのまま入力してreturnを押します。

 

コマンド実行後に「Done.」が表示されれば完了です。 ここは数十分かかります。

f:id:qtarrow:20160708141138j:plain

 

これで起動ディスクの作成は完了です。 optionキーを押しながら起動し、作成したUSBディスクから「Install OS X Yosemite」を選択し、起動できるかを確認しておきます。

 

この起動ディスクはぼくが今回やった外付けSSDを作成するときや、なにかトラブルがあったときの復旧などで使用できます。是非とも作成しておくことをおすすめします。

 

 

いつもキャップをなくすので、今回はスライド式を買いました