N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

AppleWatchの本当の利便性はApple Payありき?利用率80%という報道から

iPhone Maniaさんでこんな記事がありました。

本文内ではこの80%という数字はiPhone6や6Plusユーザーのそれと23%も高く、疑わしいという見解を示しています。

さすがに80%という数字には疑問を抱いていますが、それでもやはりApple WatchでのApple Payの利用率はかなり高く、少なくとも1日に1回の割合で利用されているとしています。

 

日本で対応していないからすっかり忘れてた

Apple Payというこの機能はアップルが提供する決済サービスでiOS端末で決済ができるというもの。日本でいうお財布ケータイみたいなものになります。

 

このApple Pay残念ながら日本ではまだ提供されていないサービスなんですよね。

 

なので、ぼくもこのサービスの存在をすっかり忘れていました。

 

けれども、Apple WatchというiPhoneよりもさらにいつも身につけている腕時計型のデバイスという性格上、もしこのサービスが利用できる環境に身を置いたとしたらぼくもかなりの頻度で利用しているだろうなって思うんです。

 

というよりもむしろ、Apple WatchっていうデバイスはこのApple Payを利用できるようになって初めて本当の利便性を感じ取れるんではないかとすら思います。

 

 

Apple Pay込みでのApple Watch

使い始めた当初は、Siriが凄く便利!とかアクティビティが健康促進に役立ちそう!とか、アプリをどんどん試したい!なんて思ってました。

f:id:qtarrow:20160708141119j:plain

 

確かにSiriは便利です。アクティビティもいい具合でぼくの健康に一役買っています。たしかに以前よりも歩くようになりましたし。なにより1日の活動量を気にするようになりました。

 

けれど、サードパーティ製アプリに関しては残念ながらまったく利用してません。その理由は、起動が遅いから。Apple Watchは現状では単体でアプリを動かせません。なので、いちいちiPhoneとのBluetooth通信を使ってアプリを起動します。

 

これがなんとももどかしい。正直、使えないレベル。 これが、ぼくがアプリを利用しない最大にして唯一の理由。

 

でもこんな問題があったとしても、Apple Payという決済サービスが利用できるデバイスということだったら、現行のApple Watchでも十分合格点をあげることができるかな?って思うんです。

 

冒頭の記事のタイトルで「魔法のような体験」とありますが、まあそうなるよねって思いますからね。 だって、腕時計で決済が完了するって絶対に今まででは考えられなかったし、便利でスピーディでとてもスマートじゃないですか?

 

今ぼくはApple Watchについてそれほど評価が高くないんですけれど、それは当然なのかもしれませんね。 Apple Watchという製品はApple Pay込で作られている製品ですからね。

 

そしてそれが、実はもっとも重要なアピールポイントなのかもしれないですから。

 

アプリの起動に関してはwatchOS2である程度改善するでしょう。 けれど、このApple Payの感動を味わえるのは日本では一体いつになるのでしょうね。本当に待ち遠しいです。

 

Apple Watchを傷から守る

Apple Watch ケース, Spigen? アップル ウォッチ (38mm) ラギッド・アーマー 液晶保護フィルム 2枚入 【国内正規品】 (2015) (ブラック【SGP11485】)
by カエレバ