N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

4K動画をその場で編集してシェアやバックアップもできちゃう『GNARBOX』がスゲェ!

昨日紹介したTrasferJetに引き続き、今日も写真を転送できるガジェットのお話。

TransferJetと違う点は、4K動画の転送・編集までできちゃうってこと。 撮影動画の編集がPCなしでその場でできちゃうっていうのは、最大の魅力です。

 

そんな夢のようなデバイス『GNARBOX(ナーボックス)』。 これを使えば、写真や動画を一眼レフやGoProなどで撮影したものをその場でスマホへ転送し編集ができちゃう!

 

撮影が終わったらGNARBOXへ転送

転送方法は2種類。 SDカードをGNARBOXへ挿入するか、USBケーブルでカメラを繋ぐか。 接続方法が2種類あるのは結構重要ですよね。USBケーブルを持ち歩くのが面倒なときはSDカードを挿せばいいわけですから。

 

編集はiPhoneでやるということなんですけど、これは専用アプリを起ち上げてGNARBOXを親機にしてWi-Fi接続とのこと。 実際にここの接続がどれくらい確実なものであるかというところが、すごく気になります。

 

ここの接続が不安定だと、せっかくの編集機能が使えませんからね。

 

そしてこのデバイスのスゴいところが、4K動画の編集が可能というところ。 編集が終わったら、そのままYouTubeなどにアップが可能。 お手軽なのに画質は4Kっていうギャップがたまらないですよね。

 

iPhoneで4K動画が編集できる理由は?

iPhoneで4K動画なんて編集したら、メモリとか足りなくて使いものにならないんじゃない?って最初思ったんですけど、そうではないようです。

 

このGNRBOXは本体自体が4コアCPUと8コアGPUを搭載していて、処理はそこで行われるということみたいです。なので、iPhoneはそれを動かしているコントローラーということ。しかも、防水/防塵対応っていうんだから、どこへでも持って行きたくなっちゃいます。

 

こんなものが旅行とかアウトドア先であったら、どこでも撮影してすぐに動画編集が可能になっちゃいますよね。さすがにパソコンを持ち歩くのは気を遣いますからね・・・。パソコンなしですぐに編集できる、こういう端末の登場は本当にワクワクします!

 

GNARBOXはKickstarterで出資を募集中で、今だと149ドルの出資で1つゲットすることができるみたいです。日本への発送は別途送料が必要みたいです。

 

4K動画の撮影対応アクションカメラの定番

【国内正規品】 GoPro ウェアラブルカメラ HERO4 Session 1440p30/1080p60 CHDHS-101-JP
by カエレバ