N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

iPhone6sはぼくたちをワクワクさせてくれるのか?

iPhone6sの発表イベントが9月9日になるっていう情報が盛んに流れていますね。

だとすると発売は9月19日~26日くらいになるんでしょうか? もちろんiPhone6sの発売は例年通りワクワクして待っているぼくですが、いつもと違う感情も少し湧いてきているというのも事実なんです。

 

それは以前ほどワクワクしないということ。

 

機能はスゴそうだけど、それほどワクワクしない?

iPhone6sの新機能で噂されているのは次のとおり。

  • フォースタッチ
  • 改良されたiSightカメラ
  • パフォーマンスが大幅に向上したプロセッサー
  • 省電力

どれもひとつひとつを見ていけば、みんな素晴らしい進歩。

そのほかにも新型Apple TVの発表やiPad proなるものの噂まで囁かれています。

特に感圧センサーのフォースタッチ。

これが本当にiPhoneに搭載されたら凄く便利だとは思うんです。 Apple Watchを使用していて、その便利さは実体験済みですからね。

 

でも、なんだかワクワクしない。 きっとそれは技術的な面だけの情報しか与えられてないから。

 

ジョブズはやはり色んな意味でパイオニアだった

今は亡きスティーブ・ジョブスが新製品の発表を行っていた頃は常に衝撃の連続だった。 新しい技術をどう使えばいちばん有効的なのか。 こう使う為にこの技術をこの製品に搭載させた。 だから、おまえらこれはこういう風に使うんだぞ! といわんばかり。

 

一見感じが悪いような気もするけれど、同時にそれはぼくたちが想像すらしなかったイノベーションをもたらしてくれるものでもあった。

 

だからぼくは、新しいiPhoneが発表されるときはいつもワクワクしていたのだと思う。

 

それがここ数年のAppleにはなくなってしまった。 本当はあるのかもしれないけれど、以前ほどのワクワクは伝わってこなくなった。

 

技術は確かに進歩している。 昔できなかったことが、今では当たり前にできるようになってきている。 けれども、それを発信する方法がぼくの心に響かなくなってきてるように感じるんです。

 

今年のiPhoneも間違いなく買うでしょう。 けれどその製品のスペック以上に、どんな発表のされ方をするのかに注目です。

Source:ITMedia

 

高耐久性のLightningケーブル

【改善版】【Apple認証 (Made for iPhone取得)】 Anker 第2世代 高耐久ナイロン ライトニングUSBケーブル iPhone 6/5/iPad Air/ iPad mini/ iPod用 絡み防止 耐熱アルミコンパクト端子 (シルバー 0.9m) A7136041
by カエレバ

 

人気のガラス保護フィルム

HanyeTech iPhone6 4.7インチ用液晶保護強化ガラスフィルム スマートフォン ガラスフィルム 硬度9H 超薄0.33mm 2.5D ラウンドエッジ加工
by カエレバ