N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

iPhone6sフロントパネル画像リークから見る操作性について考えた

Windows10のアップグレードもリリースされ、ある程度ひと段落。 個人的には次の興味はiPhone6sのスペックとその発売時期。

 

今年に入ったくらいから様々な噂が巷に出回っていて、どれが本当のところなのかは正直わからないという人も多いのでは。ぼくも正直どれがどうなるのかイマイチ理解できていない。

f:id:qtarrow:20160708141008j:plain

 

けれど、今年はiPhone6 Plusを落下させてしまって以来iPhone5sを利用中のぼく。例年にも増して次期機種の待ち遠しさは増幅させられてるんですよね。

 

 

iPhone6sにはForce Touchを実装!?

そんな時にiPhone6sのパーツとみられる画像が出回った。

 

これがセンサーの形状とかから今までのiPhoneシリーズにはないもので、Force Touchテクノロジーを実装する為の変更の可能性が高いということ。

 

Force Touchって俗に言う感圧センサーということですよね。 AppleWatchにも実装されているものと同じものという認識でいます。

 

AppleWatchの場合は、あの小さな画面上での限りあるレイアウトのため諸々の設定などをこの感圧センサーを利用してその操作を実現しているんですよね。

 

実際にAppleWatchを使用してみると、感圧センサーを使用するのとしないのとではその操作性に大きな差がでるんですよね。

 

たとえば通知の一括削除。 たくさん溜まった通知をイッキに消すには、画面をグッと押し込んで削除ボタンを表示する。

 

この方法を知らない場合は、一個ずつ通知の削除を繰り返さないといけない。

通知が10個溜まっていたら10回・・・。考えただけですんごく不便。

 

 

このように操作を簡略化させる感圧センサーをある程度の画面サイズを備えたiPhoneで利用できるようになるとしたら、画面端っこにあるメニューを表示させるのも画面をグッと押し込むだけで表示可能になったりとか。

 

ちょっと考えただけでも、絶対に今までよりも使い易く便利になるはず!

 

まあ、実際にどういった方向性でこの機能が搭載されるのか、はたまた本当にこの装置が搭載されるのかは今後の情報次第。

 

けれども本当に搭載されるとしたら、iPhoneは今までのそれよりも飛躍的に操作しやすい絶品になることでしょう。

 

今後もiPhone6s情報に注目ですね。

 

 

 

本当にiPhoneを保護したいならガラス保護フィルムを

HanyeTech iPhone6 4.7インチ用液晶保護強化ガラスフィルム スマートフォン ガラスフィルム 硬度9H 超薄0.33mm 2.5D ラウンドエッジ加工
by カエレバ

 

Anker® iPhone 6 4.7インチ用 強化ガラス液晶保護フィルム 9H硬度の液晶保護 & 96%の透過性 【18ヶ月保証】
by カエレバ