N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

KindlePaperwhiteのリセット方法たった1つの落とし穴

まさかの新Kindle Paperwhite初期不良に見舞われたものの、Amazonさんの迅速な対応でステキな読書生活を送れています。

そして、初期不良だったKindleは着払いで返送して下さいということ。

さすがにIDとかそのままの端末を郵送するのは少し抵抗があるので、初期化をしてから送ることに。

その時の初期化方法がHPで見ても少し分かりにくかったので、メモしておこうと思います。

この初期化は自分のKindleを誰かに譲るときとかにもやっておかないと、そこから本買われたりしちゃうので、その予定の方は参考にして下さい。

 

設定メニューの中にもまたメニューが存在していた

まずはAmazonのヘルプページを確認してみました。 そこに載っていたのはこんな内容。

1.ホーム画面から、メニューimage of menu icon アイコン、設定の順にタップします。 2.再度メニューアイコンをタップし、端末のリセットをタップします。 端末の電源が切れた後、再度電源が入ります。 Kindleを再び使用するには、インターネットに接続し、再度登録してください。

なんにも難しいことない内容。

このままやれば、まったく問題なくリセットがかかります。

けれど、ぼくはなぜか2番目のこの文章をすっ飛ばして読んでいた。

2.再度メニューアイコンをタップし、

この文章をとばして読んでしまった為に、端末の初期化というメニューが出てこないという無限ループにハマることに・・・。

設定メニューを開いてから、さらにメニューを開くんですね。

 

ということで写真付きで解説

ホーム画面で右上のメニューをタップします。

f:id:qtarrow:20160708140818j:plain

▲これが1回目のメニューのタップ。

 

 

次に設定をタップ。

f:id:qtarrow:20160708140817j:plain

▲ここまでは順調でした。スマホとかと同じ感覚だしね。

 

 

設定メニューが表示されたら、もう一回右上のメニューをタップしなくてはならなかった。

f:id:qtarrow:20160708140816j:plain

▲ここがぼくがつまづいたところ。

 

 

すると無事『端末のリセット』の表示が出るので、これをタップ。

f:id:qtarrow:20160708140815j:plain

▲これをタップしたら後は端末が自動的に再起動して、初期設定画面へ移行する。

 

 

ちゃんと説明文を読んでいれば、まったくそのまんまの操作で作業完了するはず。

なのに今回のぼくはなぜかそこをとばしてしまったが為に無駄な時間を使ってしまったという結果に・・・。

ぼくのせっかちな性格が災いした出来事でした。