N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

なにかに悩んでいるすべての人に「四月は君の嘘」は絶対に読むべき感動巨編

映画「君の名は。」が話題になっているみたいですね。


「秒速5センチメートル」を手がけた、新海誠氏が監督ということでどんなもんかと調べてたんです。どんなもんかと・・・。

そしてたどり着いたのは、なぜか「四月は君の嘘」。



映画の情報を辿っていたら、いつのまにかこのコミックに辿り着いちゃったんですよね。ただ、これがすっごく良かった。もう、ぼくの中で今年一番の感動巨編。

9月10日から実写版の映画も公開されるみたいです。

音が聞こえないのならイメージしろ!!

ヒューマンメトロノームと呼ばれるほど、完璧に楽譜の指示通りにピアノを弾きこなす天才少年、有馬公生。もちろんコンクールの常連。

しかし、公生は母の死を境に、ピアノの音が聞こえなくなってしまう。

ピアノから遠ざかること2年。

そのとき、同じ学校で同学年のヴァイオリスト宮園かをりと出会う。

自由奔放で強引なかをりに誘われて、ピアノを。そして、コンクールにも出ることになってしまい・・・。そこで案の定、ひと悶着あるんですが・・・。

ここから、公生君の復活劇が始まるのかな?ドンドン成長して、コンクール荒らしまくる?

なんて思っていたら、全然そうじゃない。

そこからは、36歳のおっさんが、妻に見つからないように、涙を流しながら一話一話夜な夜な読みふけるという、そんな全11巻の物語。

青春ってこんなんだったなぁ

ぼくは、音楽と無縁の環境で生活してきたので、クラシックの知識なんて皆無なんですが、これはそんな知識なくても全然楽しめます。というか、物語に引きずり込まれちゃいます。

多くの人が経験したであろう、青春時代の新鮮な気持ちとか、近くにいる人の大切さとか、いろんなものを再認識しながら心揺さぶられる作品でした。

今なにかに悩んでいて、これからどうやって進んでいけばいいの!?って人や、漠然とした不安を持っている人、特に大人が見るべき作品ですよ。

大人だからこそ、いろんな成長のヒントが隠されています。

Netflixでアニメも配信中です。

アニメからでもコミックからでも、どちらから入っても楽しめる作品ですよ。

全11巻なのでサクッと読めちゃいます