N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

AppleがiOS9.3.5をリリース。なんで今頃?って思ったらヤバそうな脆弱性を修正してた

さて、iOS9.3.5が公開されましたね。

f:id:qtarrow:20160826141759j:plain
もうすぐiOS10が公開されるだろうに、なんでこの時期に?と思っている人も多いでしょう。

でもね、このアップデートはやっておいた方が良さそうですよ。

iOS9.3.5は遠隔で脱獄されるリスクから守ってくれる!?

iOS9.3.5の説明には、

iOS9.3.5はiPhoneまたはiPadの重要なセキュリティの問題を修正・改善します。



って書いてあります。

毎度のことながら、フワッとした説明だなって思って、ネットを見ていたら、びっくりした、このITmedia見てたら、こんなこと書いてありました。

iOS9.3.5へアップデート

所要時間

アップデートに要した時間は、

  • ダウンロード:約5分
  • インストール:約6分10秒


合計で11分ちょっと

ちなみに、アップデートはWi-Fi速度約100Mの環境下で、OTAで行ってます。iOS9.3.5のファイルサイズは、ぼくの端末では39.8MBとなっていました。

iOS9.3.4の時よりも、0.1GB軽くなってます。

f:id:qtarrow:20160826141714j:plain

 

ベンチマークを計測

無事アップデートが完了したので、ベンチマークを計測してみました。

ベンチマークは連続5回計測して、その平均がiOS9.3.4時が4330、iOS9.3.5だと3526。

f:id:qtarrow:20160826141736j:plain

数値的には、気持ち下がってますね。これがOS要因なのか、環境なのかは、定かではありませんが、ぼくのiPhone6sではこんな数値になりました。

不具合は?

iOS9.3.5インストールから、約1時間30分が経過しましたが、使えないアプリがあったりとか、おかしな挙動をしめすなどの不具合らしい不具合は、今のところ見当たりません。

iOS10まで、あと少しだと思われるこの次期だったので、正直アップデートは見送ろうかな?って思ってたんですが、やはりコワい脆弱性。

ここ最近、輪を掛けたようにマルウェアだなんだってニュースを見かけますからね。とりあえず、できる限りの防衛策は個人レベルでも必要でしょ!ってことでアップデートしておきました。

ベンチマークの数値自体は下がってますが、実利用に支障がでるようなものではないので、精神衛生上よかったかなって思います。

アップデートは、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から行えますよ。先にバックアップをとっておくことはおすすめしますが。

 

【バックアップの取り方はこちら】

ここだけは抑えておきたい正しいiPhoneのバックアップ作成方法 - N's Life


【Apple関連おすすめ記事】

iOS10は想像以上に細かい新機能がたくさんだったのでメモってみた - N's Life

iOS9パスコード変更方法-4桁でも6桁でも英数でも設定できるみたい- - N's Life

iTunes Storeに接続できないときにトラブル状況を確認できるサポートページ - N's Life

iMacが遅いと思ったら…起動ディスクを外付けSSDにしたら15000円で爆速マシンができあがった - N's Life