N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

設定温度28℃エアコンつけっ放しで睡眠効率がアップする!?というので試したら、危うく風邪ひきそうになりました

f:id:qtarrow:20160813225046j:plain

寝苦しい夜ってイヤですよね。

そんな折、「寝るときはエアコンをつけっ放しの方がいい」というのをワイドショーかなんかでやっていました。

なんでも、つけっ放しにしていても設定温度が28℃なら消費電力はタイマー設定時などと比べても大して変わらないんだとか。しかも、夜中に暑さで起きることもないので、熟睡ができて疲れがよく抜けるらしいです。

本当かどうか気になったのでやってみたら・・・

電気代変わらないなら、快適な方がいいよね~!やってみよっか!

ということで、その晩さっそく試してみることに。なんでも自分で体感しないと、納得しない昭和気質の我が家。就寝前にエアコンを点けて、設定温度は28℃にしていざ就寝。

いつもは26~7℃に設定しているので、「ちょっと暑いかな?」というような「あんまり涼しくないな」というような微妙な感じ。不快感はないです。

そして、いつの間にか就寝。

そして、途中一度も起きることなく起床。いつもだったら、明け方に暑さで目が覚めるんですけれど、そんなこともなく、極めて快眠。

たしかにエアコンをつけっ放しの方が、「睡眠の質は」よさそうです。

朝は乾燥注意報でマスク必携

だけど、睡眠の質以外の部分で問題発生。

目覚めもよく、体の疲れもイイ感じで抜けている。と次の瞬間、ある部分に異変。

口がなんかヘン。

口どころか喉までカラッカラ。当然声はガラガラ。というよりカスカスな状態。

もともとぼくは、喉が弱いので、このまま風邪ひくんじゃないか!?ってくらい。

きっと、大口開けて寝ていたのと、エアコンをつけていたので部屋が乾燥してたのが原因でしょう。

睡眠の質と体調の両方を整えるには、エアコンだけじゃダメみたいです。もちろん個人差はあるでしょうけれど、もしエアコンをつけっ放しで寝るなら、同時にマスクの着用をオススメします。

ぼくは、顔になにかついていると気になって眠れないという、極めて繊細な神経の持ち主なので、多分ムリ。なので、今まで通り寝るときのエアコンはタイマー設定にしますけどね。

いくら睡眠の質が上がっても、喉をやられて風邪ひいちゃう方がダメージ大きいですから。

みなさんもエアコンをつけっ放しで寝るときは、喉のケアを忘れないようにご注意ください。

耳栓すると熟睡できるなんて情報もありますよね

 

こんなのもあるんですね〜