N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

Kindle PaperwhiteからKindle Oasisに買い換えるメリットを考えてみた

ぼくの読書はもっぱらKindle。紙の本2割、電子書籍8割。今は去年買った、Kindle Paperwhiteを使ってます。

でも、珍しいものはとりあえず試してみるという、新しいもの好きなぼくは、ちょっと前に発売されたKindle Oasisが気になっちゃってます。

Kindle Paperwhiteでも十分なんですけれど、欲深いぼくはさらにいいものをって思っちゃうんですよね。

 

Kindle Paperwhiteのちょっと残念なところ

片手で持ちづらい

読書って、読むものにもよるけれど熱中しだすとすぐに時間が経過します。そんなときに、片手で持つのが少しつらい。

Kindle Paperwhiteはコンパクトな筐体で、カバンに入れていてもまったく気にならないサイズ。長期出張のときなどは、かなり重宝しました。

けれど、そのコンパクトさゆえディスプレイ周りのベゼル幅が狭いんです。

f:id:qtarrow:20160708142214j:plain


ベゼルが狭い=持つスペースが少ない

なので、片手で長時間持っていると手(指)が結構疲れます。できることなら、長時間少ないストレスで利用したいですからね。

 

ディスプレイにキズがついた・・・

これはPaperwhiteのというよりも、ぼくの使い方が残念なんですけれど・・・。

出張から帰宅したその夜に、カバンからKindleを取り出すとなんかおかしい。画面の一部の文字が霞んでみえる。目が疲れているのかと思ったんですが、そうでもないらしい。

あらためて画面をよーくみてみると・・・

見事に画面にキズがついていたんですよね。

気にしなければ、気にならないサイズのキズなんですが、気にし出すと気になって仕方ない。それがディスプレイのキズってもんです。

カバーもなにも付けていなかったぼくの使い方が悪いんですけれどね。

あとは、強いていえばバッテリーのもちが少し悪くなってきた点。

 

Kindle Oasisなら不満を解消してくれそう

そんなこんなで、Kindleの買い換えを検討中です。

候補として上がっているのが、Kindle Oasis。この端末の良さそうな点としては、

  • ディスプレイの明るさの均一性が向上
  • ページめくりボタンがついている
  • バッテリー性能が向上
  • 軽くなっている
  • バッテリー内蔵カバー付属
  • ベゼルがあるので持ちやすそう

すぐに思いつくだけでも、これだけのメリットが。こうなってくると、より買い換えに気持ちが傾きます。

軽くなって、手持ち用のスペースもしっかりと確保されているのでこれはかなり魅力です。

あぁ、書いていたらKindle Oasisがもっと欲しくなってきた・・・。

【そして実際に買ってしまった…こちらもどうぞ】

www.ns-life.net

 

 

Kindleがあるだけで読書量が違ってきます