N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

スプロケを変更するとどうなる?105からアルテグラに、11-28Tから12-25Tに

関東地方でも、もうすぐ梅雨明けみたいですね。これでやっとカラッとした夏が到来。ダム巡りもやりやすくなりそう。

ということで、カセットスプロケットを新調しました。

 

小さい方がカッコイイじゃん

ぼくのTCR0についていたスプロケは105の11-28T。実用性としては、これでもなんら問題なかったんです。特に不満もナシ。

でも、見ちゃったのよね。

先日のポタリングで休憩中に。いかにも速いですって感じのカッコイイロードバイク。で、見てると、アレ?スプロケが小さい気がする。

なんか、スプロケって小さい方がカッコイイじゃん。

これで、新しいスプロケを購入することを決意しました。

単純・・・。けれど、自分のマシンをどれだけ好きになれるかっていうのは、自己満足度を満たすのには、最重要項目ですから。これが満たされるかどうかで、休日の充実度が大きく変動していきますからね。

更に今回購入したのは、アルテグラの12-25T。なんで今までの105よりも1つ上のものを購入したのか?

これは、ただ単に105とアルテグラだとどれくらい違いがあるのかを試したかったから。価格の差も1000円程度だったので、じゃあどれくらい違うの?ってことで。

さすがに最上位モデルのデュラエースは、価格が3倍くらいするので手が出ませんでした。

ん?あまり違いが分からない・・・?

早速取付けをして、ちょっと走ってきました。

うん、見た目はイイ感じ。新しいピカピカのパーツは、やっぱり見ていてキモチイイですね。

f:id:qtarrow:20160726213606j:plain



で、肝心の走行感はというと。

・・・正直あんまり違いが分かりません。

ただ105とアルテグラの違いをあえて言うとすれば、変速時の衝撃が優しくなったかな?っていうこと。105がガチッ!って感じだとするならば、アルテグラはカチッ!って感じ。

ただしこれは、かなり気にしていないと分からないレベルだと思うけれど・・・。ロングライドやヒルクライムをすれば、また違ってくるかもしれません。

11-28Tと12-25Tの違い

かたや11-28Tから12-25Tへの変更は、結構違いがありました。

それぞれの構成を見てみると、以下のとおりで。

11-28T 11.12.13.14.15.17.19.21.23.25.28
12-25T 12.13.14.15.16.17.18.19.21.23.25


11-28Tは15Tから17T、17Tから19Tの構成になっているのですが、12-25Tは12Tから19Tまでずっと続いているんですよね。

f:id:qtarrow:20160726213823j:plain



なので、シフトチェンジしたときの落差?というのがスムーズ。11-28Tのときには、一気に重くなったり軽くなったりしていたのが、段階的にギアを選択できるようになったので、より最適なギアを選択できるようになったような気がします。

トップギアが11Tから12Tになったわけですが、これも多分問題なし。だって、11Tなんて今まで積極的に使ったことないですから。だったら、間のギアが充実していた方が使用頻度高いですからね。

ただ、まだヒルクライムは試してないので、ちゃんと登れるのかどうかは不安ですが・・・。

まとめ

今回のスプロケ変更を試した結果、こんな感じが最適かなって。

まず、105とアルテグラはスプロケに関しては、あまり違いがないということ。その違いは、あえていうなら105よりもアルテグラの方が若干変速時の衝撃が緩和されている印象。

ただ、11-28Tから12-15Tへの変更については結構な違いが出るということ。

平地巡航時に積極的に使いそうな、中間ギアが揃っているのでより最適なギア選択が可能になりそう。ただし、ヒルクライム専門の時は28Tがある方が精神衛生上はいいかも?

個人的には12-25Tが好きです