N's Life

N's Life

ロードバイクを楽しみながら、のんびりライフとたまにガジェット

ペダリングはゆる〜く脱力!?はじめてのペダリング練習

f:id:qtarrow:20160708142412j:plain


ジッとしていても汗が噴き出てくるような暑さが続く、今日この頃。見事に梅雨の中休みです。明日からはまた梅雨空が戻ってくるみたいですけど。利根川水系のダムの貯水率がかなりヤバいようなので、梅雨空にもしっかりと仕事をしてもらいたいものです。

 

そんな梅雨の中休みの、うだるような暑さのなのでちょっとだけ走ってきました。

 

そろそろペダリングの練習を

ロードバイクに乗り出してから、もう半年以上が経とうとしているにも関わらず、今まであまり「ペダリング」というものを意識してなかったという、なんともありえないような本当の話を地で行っているぼくです。

 

そんなぼくですら、そろそろ効率的なペダリングというものを身につけて効率的な走りができるようになりたいって思い出しました。はい、遅過ぎる!っていうのは重々承知ですので、そこはサッと流してください。

 

で、どんな風にすれば効率的なペダリングができるようになるのかGoogle先生に聞いてみたところ

 

  • 引き足をつかう
  • 踏むじゃなくて回す
  • 軽いギアを使う

 

Google先生はそうおっしゃってました。

 

今までもなんとなく分かっていたんだけれど、実際やれてるのかどうかっていうと「???」な感じ。ゆる〜い範囲で、できてるつもりで走ってました。

 

でも、もっとラクに遠くまで走れるようになりたいって欲がでてきたので、ここら辺で一度ちゃんと練習ってのをしておこうかなってことです。欲があるってのはイイことですよね。欲がないとなんにも始まらない。

 

 

「ゆるーくリラックス」引き足というよりも脱力を

で、今日の練習内容。というか、意識したこと。

 

今までのぼくのペダリングは、いざ振り返ってみると多分「踏みすぎ」。ケイデンスを上げると、バタバタしてましたからね。

 

だから、今日は「踏まない」ことを意識するように。そしてそれと同時に「引き足」。この引き足については、引き足を使うって意識よりも、まずは後ろ側の足の荷重を抜くことを意識。ペダリングの邪魔にならないように、荷重を抜くってイメージ。

 

そんなイメージで、走ってみたところ・・・うん、全然わかんない!!(汗)

 

もう右足と左足の動きが、瞬く間に入れ替わり、頭が体の動きついていきません!

 

ということで、上のイメージを一度頭の中で整理してぼくなりに到達したイメージは・・・「足の力を抜く」。

 

ぼくの場合、今までやってきた数々のスポーツがありますが、例外なく最初の頃はガチガチに力を入れちゃってました。いわゆる力んでる状態。もうね、多分コレは体質なのかもしれない。とりあえず力んじゃうっていう・・・。

 

なので、とにかくリラックスすることを最重要視することに。野球でいうと、バットをゆるーく握っていて、ボールに当たった瞬間だけ力を入れるみたいな。もうほとんどゆるーくってイメージ。

 

そんな感じで1時の位置にペダルが来たときだけ、クイって力をちょっと入れる。あとは、完全リラックス。

 

そんなことを意識して走ってみた。

 

すると、あら不思議!?今までよりもラクにペダルが回ってる!?みたいな感じ。なんだか今までよりもラクチン。走った後も今までよりも疲労感もないし。

 

一緒に走る人がいないので、このイメージであっているのかどうかってのがわからないのが残念ですが、少なくとも今までよりはイイ感覚だったので、ちょっとこの「ゆるーく脱力」路線で行ってみようと思います。あんまりガチガチな理論いわれても、まだ理解できるレベルじゃないですし。